タクシー求人について

タクシー運転手のお仕事

TAXI

タクシードライバーが人気

近年ではタクシードライバーがシニア世代に人気があり、注目されています。その理由の一つとして、年収の高さが挙げられます。タクシードライバーの収入を簡単に説明すると、月の売上高の約50%が給料で売上の約10%が賞与になると言われています。つまり、収入自体は売上の半分ということになりますが、なぜ人気なのでしょうか。それは、近年ではタクシーを利用する人が増えている傾向にあるからです。利用者が増えることによって、タクシーの売上が伸びるので収入の大幅アップが見込めます。人によっては新卒二年で年収が600万を超える人もいるそうです。

タクシードライバーの仕事

タクシードライバーの一日は、オフィスで働く会社員と大きく異なります。一般的なオフィスであれば、定時に会社に行って定時に帰るのが普通です。しかし、タクシードライバーの場合は一日中、外でタクシーに乗りお客様を待ちます。タクシー会社で働いている人の労働時間は平均して一日、約15時間から20時間ぐらいになります。勤務時間は長いですが、ずっと運転するわけではないので労働面ではそこまできつくないです。しかし、逆に拘束時間が長いことが難点と言えるでしょう。

仕事は歩合給になる

タクシードライバーは人によって大きく収入が変化します。タクシー会社で働く上で、大切なのはお客様を探す根気です。タクシーも接客業になるわけですから、お客様の存在は大きいです。従って、勤務時間中は効率よくお客様を見つける必要があります。タクシードライバーの中には、走りながらお客様を探す方法をとる人もいれば、ホテルや駅の乗り場でお客様の捕まえる人もいます。どちらがいいとは一概には言えませんが、タクシードライバーは売上が命だと言いうことは覚えていた方がいいでしょう。

タクシードライバーに必要なスキル

タクシードライバーは未経験者でもなることができますが、その土地勘に詳しくないといけません。土地勘がないと、お客様の送迎に時間がかかってしまいます。特にタクシーを利用する人の多くは時間に焦っていることが多いです。そのため、迅速に行動しなければ、クレームになりかねません。つまり、タクシードライバーになりたいのなら、働く場所の土地勘と確かな運転技術が必要になります。。

タクシー求人で必要な資格

タクシードライバーには、第一種運転免許証だけではなることができません。タクシードライバーに必須なのは、第二種運転免許証で教習所に通うことで取得することができます。テストには様々あり、ドライバーに必要な土地勘を試されることもあります。